<   2013年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

お嬢様!! 降臨!!!!

 ようやく
 産まれました。


    2013年 1月 25日 AM 1:02

    家内は3日間の陣痛に耐えて耐えて。。。

    元気な女の子を出産してくれました。

    私は
   
    分娩室での立会いをして

    我が子が出てくるところを
  
    カメラに収めました。

    その模様をアップしたいのですが

    かなりのショッキング映像なので

    今回は御遠慮させて頂きます。


    しかしながら

    とても感動的で

    産婦人科の先生

    助産師さん

    非常に感謝しております。

   






    出産後

    わが子は

    産湯できれいにして頂き

    母の元へ。。。



c0106091_22594084.jpg






    そのまま

    生まれてはじめての
  
    おちちを飲んでいました





c0106091_2351280.jpg








     名前は。。。



   松尾 芭蕉 が著した

   『 奥の細道 』。

   その冒頭に出てくる言葉を頂きました。


   画数も少なく

   読みやすく

   小学校1年生か2年生で習うであろう漢字

   音の響きも やさしい




    すくすくと育ってくれることを願います。






c0106091_2384151.jpg










   あ、そうそう。


   病院内でも

   トップクラスで

   髪の毛が

   フッサフサらしいのです





    
c0106091_2391545.jpg






      スヤスヤ。。。。。。。
[PR]
by Akira-1206 | 2013-01-30 23:12 | こ そ あ ど

19951170546

今日も美山は、しんしん(深々、森々)と
 雪が降り積もっております。


 このブログを御閲覧頂いております皆様で
 ご存知の方が多いと思いますが。。。
 毎年、この 『 1月17日 』 の記事は
 【 1995年1月17日阪神淡路大震災 】
 を書いております。

 私は高校時代の親友を亡くしました。
 
 「 アイツが生きていたら、今、二人でどんな会話してるかなぁ。。。 」
 と、いつも考えてしまいます。


 今年は、美山に引っ越したということや
 家内の妊娠もあったりで、
 追悼記念式には出席出来ませんでしたが
 来年、行けるようなら伺いたいと思います。

  

 想いが、たくさんありすぎて
 この文面には表すことが困難です。
 申し訳ありません。



 そして、今日、
 家内と私の入籍日でもあるのです。
 2011年1月17日。

 おまけに、赤ちゃんの出産予定日でもあります。
 2013年1月17日。
 残念ながら、今日、我が子の誕生には至らないみたいです。
 あと、何日後かには。。。

 
 『 1月17日 』
 不思議な縁が結びついているかもしれません。


 今日は、しんしんと舞い降りる雪のように
 いつもよりも
 心静かに過ごそうと思います。


      合掌
[PR]
by Akira-1206 | 2013-01-17 09:35 | こ そ あ ど

雪ばかりの郷里と太陽ばかりの郷里

  冬の美山です。




     
c0106091_23592383.jpg




   今年は
   雪が少ない方だそうです。




   で、
   その美山とは正反対の
   太陽ばかりの国・西アフリカのニジェールからやってきた
   ラワン・ママン・イスウフ。
   彼の郷里の民族衣装を着させて頂きました。





  
c0106091_014880.jpg







     「 まるで、現地の人だ。 」
   と言われました。

   家内も女性用の民族衣装をお借りしました。





  
c0106091_024820.jpg







    右が家内。
    左の女性のお腹は、『 クッション製 』 です。












      で、
   ラワンが美山に遊びに来てくれたので
   私の友人の
   かやぶき民家にお邪魔しました。

   彼らの娘さんを抱っこする、ラワン。




c0106091_051297.jpg





   ニジェールの子守唄を歌ってました。





  その赤ちゃんのお父さん。


 
c0106091_055574.jpg









     そして、
   そのお家には薪ストーブがあって
   その上には
   お鍋や薬缶が置かれていて
   良い感じだったので
   赤ちゃんのお母さんを遠目に見ながら、パチリ。




c0106091_082195.jpg







     良い一日でしたよ~~~。





   みなさんも
   京都・美山に遊びに来てくださいね~~~。
[PR]
by Akira-1206 | 2013-01-16 00:10 | 木こりde林業 月火水木金土日 

アドレナリン

 家内がお産の準備で
 美山を出て行ってから
 早や3週間。
 久々の独り暮らしです。

 まぁ、学生時代も卒業後も
 7年間の独居生活をしていましたし、
 それからも何らかの形で『 主夫 』を
 しておりましたので、
 不自由なく過ごしております。

 それどころか
 家内が留守の間の方が
 動きやすいこともあります。

 先日も、美山と京都市左京区と滋賀県と福井県の境にある
 【 久多(くた) 】
 【 広河原(ひろがわら) 】
 という豪雪地帯に
 吾が愛車・ジムニーJA11(マットイエロー・1994年式)を駆って
 行って参りました。
 カメラを持参していなかったので映像はありませんが
 ドエライ雪でした。
 途中、ブレーキが効かず、雪に突っ込んでしまって
 スコップ(いつも車載しています。この辺りでは当然。)
 で雪をかいて脱出するというハプニングもありました。
 でも、すげー面白かったなぁ~~。
 
 男性って、危険なアドレナリンが出そうなこと、大好きですから!
 でも、こんな事、家内に言うと心配するので。。。


 この2日間は家の家具大移動。
 赤ちゃんが生まれると、やはり少しでも広い方が良いので。。。
 これも、独りでやる方が良いんですよ。



 あ。
 書初め、しました。
 何年前からでしょうか。。。? 書初めを始めたのは。。。?
 毎年、( 2文字 )だったのですが
 今年は、( 4文字 )にしました。




  
c0106091_22272687.jpg








  上手い下手は、言いっこなしでお願いいたします。

  40歳は『 不惑 』。
  もう、迷うことなく、林業に勤しんでおります。
  そして、
  前回のブログにもありますが、
  林業の現状は惨憺(さんたん)たるものです。
  だが!しかぁーし!!
  拗(す)ねることなく
  且つ
  シブガキ隊のヤックンよろしく、
  ジタバタすることなく腰をどっかと下ろして
  色々なことを見据えていこう、と。
  動揺などせずに
  心静かに日々を過ごそう、と。

  ということで
  『 不惑不動 』となりました。



   以上で
  本日は
  お開きとさせて頂きます。
  どちらさまも御機嫌よう!!
[PR]
by Akira-1206 | 2013-01-09 22:38 | こ そ あ ど

新年の御挨拶


 大変なる御無沙汰を致しておりました。
 怠けてたわけでもありません。
 パソコンの速度が遅すぎて
 ブログをアップする気にならなかったのであります。
 現在も、遅いままですが、、、
 
 2013年を迎え
 皆様におかれましては
 いかがお過ごしでございましょうか。
 まだまだ、寒い日々が続きます。
 お体、ご自愛下さいませ。


  
 仕事は真面目に林業に勤しんでおります。
 
 林業に就いてから
 自分流の色々な考えが思い浮かび
 家内と話し合いをしました。
 その中で、かなり「 おかしい 」と思える話題があります。

 ここ最近、
 NHKのキャスターが
 「 農水省 」と言っています。
 【 ???????? 】
 『 農林水産省 』ではないのでしょうか?
 なぜ、そのようなことを言うのか。

 それは。。。

 ” 日本は林業を、日本から排除しようとしている ”

 原油高騰、原油不足というのなら
 放置されている山林を国の予算で伐採して
 その材木を燃料に火力発電すれば良い。
 エコだエコだと言うのなら
 竹を切り、木を切って、土で壁を作り、家を建てれば良い。
 ファンヒーターや電気ストーブやエアコンを使わずに
 薪ストーブで暖を取れば良い。
 
 「 アマゾンでは森林が無くなって、砂漠化している 」
 とは言われているが、日本ではまったく、その心配は無い。
 現に、砂漠になっているところなどないのだから。
 そういうねじまがった情報を善良な国民に植え付けて
 「 木を伐採するのは、悪いことだ 」と言わせている。

 核心を突くと、
 日本は海外から原油を仕入れて
 ガソリンや石油を国民に売るほうが
 よっぽど儲かるから。
 だから、林業の名をなるべく言わないで
 静かに排除しようと目論んでいる、はず。


 もう、この国は終わります。
 この国は、植民地になります。

 江戸時代末期のようです。
 でも
 鎖国なんてしていないのに。
 開国しまくっていたはずなのに。
 

 この国を救うのは
 第一次産業( 農林水産業 )
 だと思います。
 それに関わる方々も然りです。
 でも、
 阿漕な方は
 救えません。
 あったかい、
 人の心の痛みのわかる人。

 そんな人。



 今年は
 どんな一年でしょうか。
 努力の一念で参りましょう。




 
[PR]
by Akira-1206 | 2013-01-04 22:22 | こ そ あ ど