2018年 09月 30日 ( 1 )

よつば日吉産直での2015年 2月のコラム

1月25日から、ろうそく生活を始めました。朝だけですけれど。毎朝、3時に起床しています。そんなに早いのは、商品の積み込みの為、亀岡・東別院まで行かなくてはならないからです。私の住む美山町からだと大体80分ほどかかります。現場には6時着。となると、出発が4時30分ごろ。朝食やお弁当の用意をするので、、、3時起床となります。

もちろん、その時間は家族は夢の中。なので、台所ぐらいしか明るくなくてよいし、元々、蛍光灯が苦手なのもあり、電気代の節約の為でもあり、現在の住まいに前の住人の方が沢山の蝋燭を置いていったので、「じゃあ、試しにやってみるか。」ということで始めました。最初は、普通に点けていましたが、「もう少し明るくしたいなぁ」と思い、「鏡を使ってみるのは?」と思い、小さな鏡を置きました。あと、コンロ台がステンレスなのでそれにも反射させました。

お蔭で少し明るくなったように思えます。というか、家中、そんなに煌々(こうこう)と明るくしなくて良いのではないかと思います。

 昔から古いものが大好きで、その中でも古箪笥と古カガミが好きで、リサイクルショップなどに行っては安くで手に入れていました。今の住まいにも小さな鏡台が置いてあったりしたのですが、、、でも、ず~っと「 なんで、古いもの、特に箪笥と鏡なんやろか? 」と考えていました。それは、今現在の自分が、過去の自分にテレパシーを送っていたのかもしれないなぁ・・・と。「 田舎暮らしを楽しむためのひとつとして、ロウソク生活をするために今のうちに鏡を手に入れておきなさい 」と呼びかけていたのかも?

 私は、「 ひらめき 」で行動することが多いです。それが、何のために閃いて何かの役に立つのかどうかもわかりません。ただ、先の「 ロウソクと鏡 」から考えると、『 ひらめき 』は、何日後、何か月後、何年後、何十年後かに必要とされるのかもしれない。それを、「 ただの思い込み 」とするのか「 未来からの信号 」とするかは・・・。

そして、私は「 文字 」が好きです。ひらがな、漢字、人名、地名や物の名などの由来も好きです。なぜ好きなのかは・・・?思い返すと、小学校1年生の時、漢和辞典の裏表紙にあった「偏(へん)」「旁(つくり)」などの【 部首 】を覚えるのが大好きでした。その延長でしょうか?日記を2006年から急に思い立って書き始めました。もう、10年目となりました。さて、それも、何のために書いているのか・・・?今、その謎が解き明かされなくても、いつか、解明するのだろうか?非常に待ち遠しいですね。まるで、雪に埋もれた山村で、芽吹きの春を待つような心持ちです。

「 閃(ひらめ)き 」と「 思いつき 」は、同じものだろうか?似て非なるものでしょうか?前者は良いイメージ。後者は、あまり、そうではない。青年期「思い付きで行動すると失敗する」「もっと深く考えなさい」とよく叱られました。確かに、失敗も沢山しました。その反面、人並み以上の経験はさせていただいているのではないかと思います。

どちらが良いイメージ・悪いイメージというのは置いといて、テレビやインターネットや携帯電話(スマートフォン)ばかりに頼っていると、見過ごされてしまいがちな人間が本来持っている感覚だと思われます。我が娘も、テレビを見ていたときよりも、ラジオから流れる音楽に敏感に反応するようになりました。やはり、【 視覚 】に惑わされていたのでしょうか?先日、ラジオから流れた曲中の歌詞に「そうしそうあい」とありました。「 あぁ、、、良い響きだなぁ。 」と。漢字だと「 相思相愛 」。素晴らしい関係性を思い浮かべます。耳からの情報は想像を掻き立ててくれますね。

 今度の、お休みの日、テレビやインターネットや携帯電話を手放して少しだけ心をフリーにしてみませんか?素晴らしい「 閃き(思い付き) 」が生まれると思いますよ。   2015年2月15日
[PR]
by Akira-1206 | 2018-09-30 17:37 | こ そ あ ど