髭 鬚 髯 ひげ

  


  もう2ヶ月になりますか
 ひげを伸ばし始めて。
 剃ったり、切ったりのお手入れは致しております。ハイ。

 賛否両論おありでしょうが
 人生、いろいろ。
 です。





c0106091_16524490.jpg



      薄汚いアキラ☆ファイヤー






  調べてみると
 なかなか興味深いですね
 



 『 髭、髯、鬚 』(どれも「 ひげ 」と読む)


  日本では、中世から江戸時代初頭にかけて、
 武士は髭を蓄えることは当然とされ、髭のない武士は嘲笑された。
 そのため、髭の薄い者(豊臣秀吉が有名)には
 付け髭をつけることが行われた。



  「 へぇぇ~~~っ!! 」


  はい。つぎ。


  江戸時代の「鎖国」(海禁)体制のもとでは、
 アイヌ民族が居住する蝦夷地(アイヌモシリ)は、
 日本から見て「蛮族の地」として扱われた。
 17世紀半ば以降の日本では、髭をはやさないことが
 文明人たる日本人の常識とされていた。
 そのため、
 当時の日本人の絵画で、
 髭を生やし、かつ髷を結わない野蛮人として
 アイヌが描かれたことは、
 日本人のアイヌに対する偏見や蔑視感の形成及び強化につながった。



   なるほど~~
  たしかに学校の教科書には掲載されていなかったが
  古書で
  明らかに侮蔑的表現がなされている  
  ” アイヌ民族が幕府に献上品を貢ぐ ”
  の絵図を見たことがある。
  アイヌ民族を愛する僕としては
  かなり、憤慨した。
  「これ、、、おかしいやろっ!」って。

  大馬鹿者の江戸幕府め!!!




  また、西洋人に対する蔑称である「毛唐」も、
 当時の日本人からみて、髭を生やすことを「野蛮」と
 みなす常識を背景として作られた言葉である

  西洋では18世紀頃から、特にヴィクトリア朝イギリスで
 髭を蓄えることが流行し、日本でも明治時代には
 その影響から地位の高い男性の間では髭を蓄えることが流行した。




c0106091_16534862.jpg




       じつは、こんな髭にしたい
       似合う自信はてんこ盛り







  太古より
 時代の興隆、隆盛とともに
 「 ひげ 」に対する考え方も
 変わってきているんですねぇ~。
 そういえば、
 聖徳太子、ひげ、あるなぁ。。。



    
[PR]
by Akira-1206 | 2011-08-26 16:54 | こ そ あ ど
<< わんわんわわん おっぱい おっぱい おっぱい >>